うつ病を理解することの大切さ|治療を効果的なものにする

うつ病を知り理解を深める

精神科と心療内科

カウンセリング

うつ病の診察と治療を行なっている診察科には、精神科と心療内科が存在します。精神科は精神疾患の治療を専門としている診療科で、心療内科は心身症の治療を専門としている診療科です。うつ病は、そのどちらにも該当しています。

従来型と新型

悩む女性

新型うつ病というのは、従来型のうつ病とは大きく異なる特徴を持った非定型うつ病に近いタイプのうつ病です。新型うつ病では、状況によって症状が現れるかどうか決まります。

検査のきっかけ

ハート

数多くの人々の中には、自身がうつ病かもしれないと考えている人が少なからずいるかと思います。そのように感じるのであれば、インターネットで利用できる簡易うつ診断を利用しましょう。簡易うつ診断というのは、うつ病の症状度合をセルフチェックするためのもので、簡単な質問にチェック形式で回答することで検査結果を知ることが可能です。この簡易うつ診断は、無料で利用することができます。ここでは、簡易うつ診断がどういったものなのか知っていきましょう。簡易うつ診断では、簡易抑うつ症状尺度(QIDS)に基づいた評価尺度に沿った質問を通して、うつ病の症状度合を診断します。この評価尺度は世界10ヵ国以上で使用されており、専門の医療機関を受診すべきかどうか判断するきっかけとなる重要な存在となっているのです。

簡易うつ診断の質問の数は16項目で、4つの選択肢の中から自身の状況に最も近いものを選びます。それ以外に特別な操作は必要ないため、数分程度で結果を見ることができるでしょう。ただ、注意すべき点が一つあります。注意すべき点というのは、簡易うつ診断はあくまでも簡易的なチェックを行なうためのものであるといった点です。数多くの人々の中には、簡易うつ診断の結果を鵜呑みにし、自身がうつ病であると確定的に思い込んでしまう人がいます。しかし、簡易うつ診断のチェック内容というのは、精密にうつ病を診断するためのものではありません。診断結果によって中度・重度のうつ病と診断された場合にも取り乱さず、まずは専門の医療機関を受診しましょう。専門の医療機関であれば、より正確な検査を受けることができます。このように、簡易うつ診断はうつ病の早期発見・早期治療を促すためのものなのです。もし、自身がうつ病かもしれない、家族や友人がうつ病かもしれないと考えているのであれば、簡易うつ診断を通して専門の医療機関を受診して正確な検査を受けるきっかけを作りましょう。

より良い病院を選ぶ

医者

うつ病を治療するためには精神科や心療内科を受診する必要がありますが、病院によって治療の質というのは大きく異なります。より確実にうつ病を治したいと考えているのであれば、優良な病院を選ばなければなりません。

環境から病院を選ぶ

看護師

うつ病を治療するために精神科や心療内科を受診する時には、症状が重症化しても通院できるような位置にある病院を選びましょう。また、初診時には家族を連れていくことをお勧めします。

治療を効果的なものにする

女の人

うつ病治療というのは、ストレスを受けている状態だと最大限に効果を発揮することができません。治療を受ける際には、心身共に休養をとれるような環境を整える必要があるのです。