うつ病を理解することの大切さ|治療を効果的なものにする

レディー

従来型と新型

悩む女性

近年、日本国内におけるうつ病患者の数は増加していると言われ、その中でも20代から30代といった世代を中心に「新型うつ病」を患ってしまう人が増えています。新型うつ病というのは、従来のうつ病とは異なる特徴を持った非定型うつ病の一種です。従来のうつ病を患った際に現れる症状には、感情障害や意欲や興味の喪失、思考の低下等が挙げられます。そのため、この心の病を患ってしまうと自身が趣味として取り組んできたものや娯楽に対して何も感じられないようになり、常に気分が落ち込んだ状態が持続してしまうのです。それに対して、新型うつ病では状況に応じて意欲・興味の喪失といった症状が現れます。従来型では自身が好んでいること、嫌っていることに関わらず意欲・興味の喪失といった症状が現れますが、新型うつ病だと自身が楽しいと感じるものであれば意欲・興味を持って取り組むことが可能です。しかし、仕事や学業といった抵抗を感じる物事に直面すると、たちまちうつ状態に陥ってしまうのです。
従来型のうつ病を患いやすい人というのは、真面目・几帳面・熱心・責任感が強い・自責的な性格の方だと言われています。新型うつ病では、そういった病前性格というのも従来型と大きく異なるのです。新型うつ病を患いやすい病前性格というのは、自己中心的・マイペース・依存的・外罰的・拒絶に過敏といった性格の方になります。その違いから、新型うつ病は「堪え性の無い若者の甘え」だと考えられることが多いと言われています。しかし、新型うつ病を患っている人というのは、会社等に行くと本当にうつ状態に陥ってしまうのです。その時に現れる症状には、鉛様疲労感・過眠・過食といった従来型のうつ病にもみられる症状も現れることがあります。この心の病はまだ医学的に定められている訳ではないため、まだ周囲から厳しい目で見られているものかと思います。医学界においても新型うつ病に対する見解は大きく分かれており、今は病気かどうかを判断するための検討の段階です。