うつ病を理解することの大切さ|治療を効果的なものにする

レディー

精神科と心療内科

カウンセリング

日本国内には、うつ病の症状に悩まされている人が数多くいます。しかし、うつ病という心の病は全ての人に理解されている病気ではありません。数多くの人々の中には、「甘え」や「性格の問題」等、うつ病について誤解している人がいるのです。この心の病に悩まされている人にとって、そういった誤解は大きなストレスであり症状を悪化させる原因になります。症状が悪化してしまう前に、誰かに助けを求める必要があるでしょう。助けを求めるのであれば、「心療内科」や「精神科」が最適です。それらの診療科は心の病を専門としており、うつ病を深く理解した医師が話を聞いてくれます。ここでは、心療内科と精神科の違いについて説明していきます。心療内科は心の病の中でも、「心身症」の診断・治療を行なっている診療科です。

心身症というのは、心の病でありながら心的症状に加えて身体的諸逗葉が現れる病気です。あまり知られてはいませんが、うつ病を患った際にも心的症状に加えて身体的症状が現れることがあります。そのため、うつ病も心療内科で診てもらうことができるのです。次に、精神科について知っていきましょう。精神科は主に「精神疾患」の診断・治療を行なっている診療科で、精神疾患とは心の病のことを指します。うつ病は前述した通り身体的症状も引き起こしますが、心の病であることには変わりません。そのため、精神科でもうつ病の治療を受けることができるのです。日本国内には数多くの心療内科・精神科が展開しており、気軽に受診することができます。どちらの診療科を選ぶにしても、うつ病治療を受ける際にはクリニック選びが最も重要です。クリニックを選ぶ時には、治療を担当する医師に注目しましょう。うつ病治療において最適な医師というのは、患者と信頼関係を築くことができる医師です。信頼関係を築くことができるかどうかは、診察の時点で見極めることができます。例えば、こちらの話を目を見て最後まで聞いてくれるか、治療の内容について不安がないように説明してくれるか等、様々な要因から判断することが可能です。