うつ病を理解することの大切さ|治療を効果的なものにする

レディー

環境から病院を選ぶ

看護師

通院が必要となる病気を患ってしまった時には、自宅や職場から通える範囲にある病院を選んで受診するものかと思います。うつ病においてもそれは同じです。うつ病の症状というのは、いつ重症化するか分かりません。そのため、家から遠い位置にある精神科や心療内科を受診して治療を受けていると、症状が重症化した時に通院することが困難になってしまうのです。通院できないということは、治療を受けられないということになります。それはつまり、更なる症状の悪化を招くということです。そういった事態を避けるためにも、家や職場から近い精神科・心療内科を選んで受診することが大切になります。ただ、ここで一つ注意すべき点があります。その注意すべき点というのは、うつ病の原因です。うつ病というのは、主にストレスが原因となって引き起こされます。

もし、そのストレスの原因が職場や学校にあるならば、その付近にある病院を選ぶことで通院する度にストレスを受けることになってしまうでしょう。それでは、うつ病治療を効果的に進めていくことはできません。職場や学校がストレスの原因となっているのであれば、自宅から近い位置にある精神科・心療内科を受診することをお勧めします。通院し易い位置にある精神科・心療内科を選ぶことができたら、初診時に医師に伝えるべきポイントについて知っておきましょう。そういったポイントを押さえておくことで、医師が最適な治療方法を決定しやすくなります。初診時に医師に伝えるべきポイントというのは、どういった症状が現れるのか・症状が現れるタイミング・思い当たる原因・症状が出ない時の状況・食欲不振や不眠といった症状が現れているか等です。精神科や心療内科を受診する前には、自身の状況を振り返ってそれらのポイントを伝えられるようにしておきましょう。また、初診時には家族の方を同伴させることをお勧めします。家族の方が同伴することによって、自身の状況の変化等を客観的視点から医師に伝えてもらうことができるのです。それにより、医師はより正確な診断をくだすことができるでしょう。